我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今までなんとなく「ブログで書くのも変っぽいな」と思って控えていたんですけど、勢いで打ってしまいます。
 私、「なりきりチャット」が大好きです。中学1年の終りごろから、らんま1/2のなりきりチャットに足繁く通っていました。高校受験のときにしばらく行かなかったら人がすっかり減ってしまってめったにできなくなったんですけど、今日、久しぶりにやってしまいました。
 らんま1/2を好きになっていくきっかけは、私の場合、なりきりチャットだったと思います。再放送を見て、たまたま見つけた所でなりチャをやっているうちに、知らないキャラや知らないエピソードがものすごくたくさんあるとわかりました。それが気になって気になって、本屋さんでみつけた原作の19巻を衝動買いしました。一瞬アニメとの絵の違いに怯んだけれど。(笑) それからでした、軽く「世の中のたくさんある作品のひとつ」に数えていたらんま1/2が、「これ以上のものがこの世にあろうかっ!?」となったのは。それからもなりチャに通って、色々なキャラの役をし続けました。それをすることによって、彼らの気持ちを考える機会ができて理解が深まった気がするし、他の人の彼らに対するイメージに触れられてそのキャラの新たな一面を知ることができた気がするし。ぐぐぐっと引き込まれていきました。なんかこう言っていると「らんま1/2じゃなくてもよかったんじゃ?」って言われそうですけど、やっぱりらんまじゃなきゃダメだったんだと思ってます。友人に誘われて他の作品のなりチャに行ってみたときには、そこまでの魅力は感じなかったし。やっぱりらんま1/2が素晴らしいんです、少なくとも私にとっては。
 原作らんまの終わり方、私の友人は、「しっかり乱馬とあかねが結ばれて終わってほしかった」と言います。でも私はこのらんま1/2への踏み込み方もあってか、あの「延長戦」という終了が最高のもののように感じられます。高橋留美子先生はあの終りによって、私たちが彼らの将来を考える隙間を残しておいてくれました。実際今、「乱馬とあかね」が好きな人、「乱馬とシャンプー」が好きな人とか「乱馬と右京」が好きな人とか、たくさんの人がそれぞれの、ありそうでなさそうな、なさそうでありそうな、色々なストーリーを語ってます。そういう話を、なりチャでやってしまうのがまたおもしろくて。
 なんというか、らんま1/2の素晴らしさについて言いたいのか、なりチャがいいなって言いたいのか、よくわからない文章です。本当はらんま1/2の素晴らしさを1番言いたかったんですけど。でもなりチャも好き。らんま1/2の楽しみ方って本当にたくさんあると思いますけど、なりチャを使って楽しむっていうのも、すごくいいです。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 昨日の朝はひどい雨で、傘をさしていたのにも関わらずスカートや靴下がびしょぬれになってしまいました。靴にまではしみこんでこなかったのは不幸中の幸いでしたけど・・・。こんなきつい雨は、テスト週間に入る前の業後講座のとき以来です。
 あの日、講座が始まって10分くらい後の4時ごろ、急に、まさに「バケツをひっくり返したような」、というより、「とても深いプールの底が抜けてしまったような」雨が降り出しました。本当にいきなりだったので、外練をしていた部活の後輩がキャーキャー叫びながら避難するのが聞こえました。普段なら講座よりも部活に参加したくてたまらないけれど、こういう状況ではラッキーだったかも、と思ってしまいます。
 らんまで、乱馬がのどか母さんを湧き出した温泉から救ったときとか、良牙とあかりが初めてデートをしたときとか、急な雨のせいで変身しちゃってますよね。あれ、ときどき「そこまで濡れる前に屋根がある所行けるでしょ!」って思ってましたけど、今回後輩が部活中に降られたような突然にして強い雨なら、充分濡れてしまいそうです。今まで甘く見ててすみません、という感じ。濡れるだけでも厄介なのに、変身までするなんて、乱馬が気の毒。動物になるから服まで脱げちゃう良牙たちはもっと気の毒。服といったら、和服も濡れたら大変そうですよね。あのとき、雨に少しも動じず良牙を待っていた晴れ姿のあかりちゃん。まだ良牙がブタになるって知らないときだけど想う気持ちは強いんだなぁと思われて、なんだか嬉しいです。しかもそのままで天道家来て、風呂場で小躍りするんだからな・・・。小躍り大好き。・・・って、あれ、また何の話だろう。(汗)

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 今までうちの高校には桜はないと聞かされてきたし私もずっとそれを信じていたのですが、現在校庭の近くに、桜のように見える木が2本、花を咲かせています。おととし、去年と気づかなかったのに。特に北のほうに位置しているわけじゃないから、時期も遅すぎるような気もしますし。
 本当に桜なのかどうかはさておき、桜といったら九能先輩が思い浮かびます。見事な腕前で幹に「おさげの女」と刻んで、とり憑かれてましたよね。あのとき九能ちゃんが乱馬にしてもらっていた膝枕がとても好きです。ぬくもりを伝えるための解決法に、「なにかが違うぞおさげの女」。その言葉、何週間も私の頭の中を回り続けていました。思い出すたびに顔が笑い出してしまいます。
 他に桜といえば、メモリアルブックの見開きのページで、つばさが桜の格好をしていましたね。まるでとりつかれたときの九能ちゃんのようです。つばさの場合は右京に突撃か、乱馬に突撃か、それともあかねにか…。九能ちゃん同様、男桜本体よりもしつこくて厄介そうです。
 桜の花が咲いているうちに、夜おさげを結って散歩してみるのも一興…?

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 もうそろそろ、あと1ヶ月ほどで、部活を引退します。県大会に行ければもう1ヶ月参加できるけれど、主力選手の怪我もあったし、なかなか難しそうです。
 それでふと思ったんですけど、九能先輩、部活を引退したら、どうなるんでしょうね。剣道と天道のために学校へ行ってる感じですから、天道に専念することになるんでしょうか。あかねに更に言い寄って、なびきからおさげの女の写真を買って。あー、でも、たとえ引退したって意に介せずしっかり剣道着を着てそうな気がします。早乙女乱馬覚悟ーっ!!って、絶対言い続けてます。言い続けていてほしい!私の場合引退してからは受験勉強に専念しなくてはなりませんが、顔よし、姿よし、裕福な上に人格者で強くて、そして賢い九能ちゃんなら大丈夫そうですね。親も校長なら、コネとかありそうだし。…なんて、あの校長がタッチィのために何かしてくれるなんて、ありそうもない。その前に、あんな校長でも進路において何かしらの役にたつなんてちょっと考えにくい。あかねの水泳に関してはすっごく頑張ってくれてましたけど。そう考えるといい人ですよね、校長も。手を傷だらけにして白鳥スーツ作ってくれてたし…。
 本当に素敵だ、らんまの世界!彼らが2年生になったり3年生になったりしないところが、羨ましかったりもします。もうあと少しで、九能ちゃんも後輩。それが悲しくてたまらないけど、きっとこれからも彼を「九能先輩」と呼び続けます。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 そろそろ学年が終わるということで大掃除をしていたら、昔失くしてしまった、コンコルドを装飾する部品が出てきました。色々と探し回っても見つからなくて諦めていたので、とても嬉しいです。
 なんとなく、一角マングースの角で作った笛が思い浮かびます。真之介がじいちゃんから渡されたその当日に失くしてしまった…というか、あかねにあげてしまったものが。あの角笛、きっと結構探したんだと思います。回復した真之介に尋ねてみても答えは「忘れた」で、じいちゃんはさぞ困ったことでしょう…。ヤマタノオロチが起きだしてきたら、あれが不可欠なのに。でも、それがひょっこりと一番必要なときに出てきたんだから、とっても運命的ですね。
 春・夏に一番使いたかったコンコルドが、春を迎える今になってまた使えるようになったのも、規模が全然違いますけど、ちょっと運命的です。角笛がたまたまあかねの手に渡り、ずっと箱の中にとっておかれて、ふとした機会で森に戻る。しかも、持っていたのがあかねだったから、ヤマタノオロチとの戦いのときに使われることができたんですよね…。格闘をしない一般的な女の子ならこうはいかない。 ステキね。ステキだ。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。