我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 勉強するときに、時々らんまを使って覚えます。そのおかげでテストで答えられたことも何度もありますが、今回はそのらんまにしてやられました。
 最近は近づくマーク模試のために先生皆がやる気満々で、去年の問題を授業中にやらせてくれる教科もありました。倫理もその1つです。その問題の中に、サルトルに関するものがありました。私たちのクラスは進度が遅いのか、まだニーチェやサルトルについては習っていません。自分で勉強しておけばいいんでしょうけどそんな余裕はなく、完全に勘に頼るしか仕方がありませんでした。
 そんなとき私の脳裏に浮かんだのは、桃幻郷に出てきて右京を妻にしようとがんばった猿のような容姿の男、サルトル。そして良牙のこの言葉。「おれを不幸にするとは不覚だったな…くらえ獅子咆哮弾!」です。不幸。絶望に通じます。そうかきっとサルトルのキャラ設定をした人は倫理の勉強もしっかりしてらんまファンの勉強のサポートをしてくれたんだ…!と勝手に感動した私は、多少自信を持って「絶望の果てになおも自分の真実の生き方を追い求める」という言葉の入っているものを選びました。結果、不正解。絶望関係のは、キルケゴールが言ったことだそうです。そういえばそうでした。キルケゴールはもう授業でやっています。もっと冷静になっていれば気づけたのかな…。
 もう一度桃幻郷を見てみて、らんまのサルトルと実存主義のサルトルとの共通点を探してみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ranmalove.blog27.fc2.com/tb.php/43-b544429c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。