我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日でテストが終って、今日は部活へ行った帰りに近くでやっているお祭りに行ってきました。

 祭りと言ったら、らくがきパンダの話とかもあるけれど、まずは乱馬が火中天津甘栗拳を会得しようとしていたときの、あの祭りを思い出します。浮かれた乱馬を見て、小さい頃から貧乏だったみたいだし、あんまり祭りに行ったことなんてなかったのかな…としみじみ気の毒に感じたものです。
 そこで彼が金魚すくいの後にした、ピラニアつかみどり。とても恐ろしげですが、私が行ったお祭りにも、「さめ釣り」や「わに釣り」がありました。大きな池にサメやワニが放されていて、それを釣るんです。サメならまだしも、ワニなんてどうやって釣るんだろうと思って見学してきました。
 サメはまず猫嫌いな人を連れてきて、猫を顔面に押し付けて猫拳を使わせます。そうすればその人が、噛み付いて陸に連れて来てくれるでしょう。ワニの場合は、その首についている形状記憶合金の首輪を無理やりはがせば電気が流れ、痺れたところを捕まえることができます。
 …すみません、嘘です。明らかに嘘です。「さめ釣り」や「わに釣り」は本当にありましたけど、ただ置いてある景品を、おもちゃの釣り道具で釣るというものでした。サメとかワニとかいうのはきっと「なんとなく」でつけたんじゃないかな。
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ranmalove.blog27.fc2.com/tb.php/10-046ff0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ピラニアも 日本に来たる 現代よ
 『ピラニア出現 揺れる琵琶湖』の見出し。 『滋賀県の琵琶湖で先月捕獲された南米アマゾン川原産のピラニアが地元に影を落としている。最近、観賞用として人気を集めており、ペットで飼われていたのが違法に放流されたとみられる』というもの。 「業者」がいて、 「人
2005/10/17(月) 08:35:09 | 日経を読むと世界が読める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。