我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 酒といったら、オマタノヤロチやハッピーが思い浮かびます。
 オマタノヤロチ、ビールが目に入って苦しんでましたよね。2年生最後の古典の授業で古事記のスサノオがヤマタノオロチを退治する話を習って、終わりを飾るのに相応しくって縁起がいいと喜んでいたところです。それにしても、スサノオがオロチを退治するためにお酒を使ったことをしっかり踏まえてオマタノヤロチとの戦いを考えられたなんて、なんてすばらしいんでしょう高橋留美子先生。
 八宝斎は度々飲んでますね。なんだか日本酒が多いようなイメージがあります。早雲や玄馬に芸をさせていたこともありましたっけ。ロミオとジュリエットのとき、未成年であるジュリエットに飲酒させ、酔拳らしきものを使わせたこともありました。乱馬ってお酒にかなり弱そうですね。絶叫温泉郷の大虎湯で熱燗のお風呂に入って突然眠ったりゴールが何個も見えたり呂律が回らなくなったりしましたし、右京のソース事件のときにも新妻を足蹴にする亭主やってたし…って、あれはただの演技か。
 でもお酒に関して一番印象的だったことは、ハッピーが「祝い酒」と言って、せっかく呪泉郷ガイドが送ってきてくれた男溺泉を飲み干してしまったことです。あれがなかったら、ラストが全っ然違ってたんでしょうね。乱馬にとっては1・2位を争うほど重要な問題だったろうし…。それこそ「あのくそじじい…」とか言いつつヤケ酒したくなってしまいそうです。
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 もうそろそろ、あと1ヶ月ほどで、部活を引退します。県大会に行ければもう1ヶ月参加できるけれど、主力選手の怪我もあったし、なかなか難しそうです。
 それでふと思ったんですけど、九能先輩、部活を引退したら、どうなるんでしょうね。剣道と天道のために学校へ行ってる感じですから、天道に専念することになるんでしょうか。あかねに更に言い寄って、なびきからおさげの女の写真を買って。あー、でも、たとえ引退したって意に介せずしっかり剣道着を着てそうな気がします。早乙女乱馬覚悟ーっ!!って、絶対言い続けてます。言い続けていてほしい!私の場合引退してからは受験勉強に専念しなくてはなりませんが、顔よし、姿よし、裕福な上に人格者で強くて、そして賢い九能ちゃんなら大丈夫そうですね。親も校長なら、コネとかありそうだし。…なんて、あの校長がタッチィのために何かしてくれるなんて、ありそうもない。その前に、あんな校長でも進路において何かしらの役にたつなんてちょっと考えにくい。あかねの水泳に関してはすっごく頑張ってくれてましたけど。そう考えるといい人ですよね、校長も。手を傷だらけにして白鳥スーツ作ってくれてたし…。
 本当に素敵だ、らんまの世界!彼らが2年生になったり3年生になったりしないところが、羨ましかったりもします。もうあと少しで、九能ちゃんも後輩。それが悲しくてたまらないけど、きっとこれからも彼を「九能先輩」と呼び続けます。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 まだ私が小学生のころだったか、別府で地獄巡りをしたことがあります。もうかなり昔のことなので、赤いところがあったかなーとか泡が出るところがあったかなーとか、ぼんやりとしか覚えていませんけど、とりあえずは温泉でした。
 そういうわけで、思い出すのは絶叫温泉郷です。何個もの温泉を巡ってましたよね。一番心に残っているのが混浴のところ。ありがちなすれ違いやシャンプーを見て鼻血を出してしまう良牙や何も見えず悔しがり悲しがるムース…。彼らを見ているのは、きっと色んな温泉を見てまわるより、何十倍も楽しいです。最後もちょっと予想できちゃうような、でもとってもおもしろい結末でした。
 それにしても、あそこまで湯量が豊富な温泉、本当にあるのかが気になります。温泉っていったら、お湯がたまっているイメージなんですけど。

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 そろそろ学年が終わるということで大掃除をしていたら、昔失くしてしまった、コンコルドを装飾する部品が出てきました。色々と探し回っても見つからなくて諦めていたので、とても嬉しいです。
 なんとなく、一角マングースの角で作った笛が思い浮かびます。真之介がじいちゃんから渡されたその当日に失くしてしまった…というか、あかねにあげてしまったものが。あの角笛、きっと結構探したんだと思います。回復した真之介に尋ねてみても答えは「忘れた」で、じいちゃんはさぞ困ったことでしょう…。ヤマタノオロチが起きだしてきたら、あれが不可欠なのに。でも、それがひょっこりと一番必要なときに出てきたんだから、とっても運命的ですね。
 春・夏に一番使いたかったコンコルドが、春を迎える今になってまた使えるようになったのも、規模が全然違いますけど、ちょっと運命的です。角笛がたまたまあかねの手に渡り、ずっと箱の中にとっておかれて、ふとした機会で森に戻る。しかも、持っていたのがあかねだったから、ヤマタノオロチとの戦いのときに使われることができたんですよね…。格闘をしない一般的な女の子ならこうはいかない。 ステキね。ステキだ。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 毎週月曜日にピアノのレッスンがあるのですが、その先生の家へ行く途中に、両隣が団地の公園があります。たまたま木曜日にそこを通ったとき、団地の方からギニャーッとかミ゛ャーッとか、すさまじい猫の声がしてきました。
 まるで腹をすかせた猫の大群がいるよう。めざしを巻きつけて飛び込んだらどんなことになるだろうと、つい思ってしまいます。あの修行のことを考えると、「猫拳」の書物のいかがわしさが笑えてきます。そもそもどうして全然意味のないことを書く必要があったんでしょうか。なんであんなナイスなタイミングでページが変わってるんでしょうか。気の毒な乱馬。早とちりな玄馬。
 学校の下校途中にめざしを持っているほど準備がよくないので何もしませんでしたけど、いつかは猫に与えてみたいです。でもこんなところでやったら、野良猫の増加を招いて問題になるのかもしれませんね。かくなるうえは、体育館の地下に猫とか虎とかをたくさん集めて…。まあそんなことは普通に恐いからやめます。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。