我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 クリスマスということで、歌暦に書いてある日付からは遅れてますけど、キャラクターズ・クリスマスについてです。
 最初から、どきどきしてきます。八宝斎たちから、九能たちから、こんなにたくさんの人たちの会話から始まって。なんというか、「皆がいる」という感じがして、ふっとらんまの世界に、いつもよりも入り込んだ気になります。子供の夢の中…つまり私たちの夢の中に来てくれる途中だから、そういう思いが強いのかな。煙突から抜けられない玄馬が笑いを誘っているところもいいです。(笑)
歌で一番心に残っているのは、「年に一度のにぎやかな夢 大人になるまで見れるよ」という、二番最初のフレーズです。「にぎやかな夢」って、らんまの夢ですよね。それを子供でいる間しか見られないのだったら、この上なく悲しいです。私の家には中二の弟と私の二人の子がいますが、今年で二人ともに、サンタさんは来てくれなくなりました。もうサンタさんの来てくれる「子供」は終わりだとしたら…。うーん、ピーターパンが羨ましいです。もうらんまへの愛で子供の壁を乗り越えるしかない!(笑)
 最初のほうはいいんだけど、実を言うと、最後のほうはちょっとしつこい気がしてしまいます。乱馬の「Merry Christmas for You...」で十分感動的な終わりなのに、皆が言い始めてしまって。「ですよー」とか「や」とかが語尾につくのも、変じゃないかな、なんて。
 …でも、最後乱馬が「またな。」と言うのがあまりにかっこよくて、そして再び「会える」ことを期待できてすばらしいので、結局ちょっとした不満も消え去ってしまい、いつもいい気分で聞き終えています。私ってもしかして、もしかしなくても単純…?まあいいか。
 皆さん、Merry Christmas!
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。