我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 手刀といったら、あかねが瓦を割っているところや、ハーブの気竜刀が思い浮かびます。気竜刀は手刀ではないですけど、なんとなく似ているので。
 ハーブが気竜刀を使ったとき、乱馬は気を散らせてそれを回避しましたよね。「気」と聞いてすぐのほんの短い間に、考えて即座にちちを見せたその機転がすばらしいです。ちちに過剰に反応するハーブとそのおともたちもすばらしいです。
 刀のようになったり散ったり強くなったり弱くなったり、「気」というものもすごいですね。ハーブの竜精飛翔は、女のときはか弱くて、、男に戻ったら強力になっていました。ということは、ハーブはあれでも、女の姿をしているときには弱気になっていた、ということでしょうか。乱馬と最初に会ったとき、恥をかかされたと思っていたとはいえ、自信有り気に戦っていたと思ったのに。
 ちちを見て動揺するところとか女になっていたとき実は弱気だったかもしれないところとか、堂々としているのに少し抜けた感じもあるのが…可愛くて好きだ、なんて言ったら竜の血を引くハーブさまには失礼なのかな。(笑)

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。