我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人間は怖いとき、泣いてしまうんだ。そして本当に怖い時、笑うしかないんだ。そしてそれよりももっと怖いときには、鳴くしかないんだ。…って気がします。
 乱馬の猫拳が初めて出たときの、玄馬とかすみのやりとりが好きです。「なくんだよ。」「泣くんですか。」です。猫拳を使っているのを見たことがなければ、そりゃあcryだと思いますよね。「まあ大変。」とお茶をすすっているのも普通ですけど、乱馬たちがおどろおどろしい雰囲気なところをかすみさんののんびりさで終るところが、なんだか少し笑えます。
 そういえばかすみさん、最初呪泉郷で修行したことを聞いたときにはあんなに玄馬を責めていたのに、この猫拳の修行の話を聞くときには、相槌を打っているだけですね。もう玄馬のする色々めちゃくちゃなことには慣れちゃったのかな…。乱馬たちが来たことは、一体どれだけ大きな影響を天道家やまわりの人々に与えたんでしょうね。

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 殺すといえば、死の接吻。地の果てまで追いかけて殺さなければならないのに、シャンプーは未だに誰も殺していませんね。今までに死の接吻をされたのは、女的乱馬にあかねにひな子。
 掟のことだけを考えるなら、シャンプーが今後そうするかはわかりませんが、ひな子は殺さなくてはならないでしょう。勝負に負けたのですから。乱馬については、シャンプーは過去に「女に負けた」のではなく「女の姿をした男に負けていた」ということがわかったので、夫とさえすれば殺さなくても掟破りにはならなくてすむと思います。勝負では一度も負けていないから、あかねも殺さなくてよさそうです。
 でも、問題は「死の接吻」。これは「誓い的儀式」であるので破ることも可能でしょう。しかし、あの誇り高い女傑族の人々のこと。誓いを破って殺していないことがばれたら、村八分にされそうです。ちょっと里帰りをすることはできたとしても、暮らすとなると…。シャンプーが女傑族の村に帰れなくて辛い思いをするのではないかと心配でなりません。
 なんて時々思いますけど、ピンク・リンク編で女傑族月報に新婚紹介なんて載せてるところを見ると、大丈夫ですね、うん。

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 バトル・ザ・銭湯、他人の迷惑を考えない一部の客たちのおかげで引越しを余儀なくされた気の毒なお風呂屋さんの話。ここで八宝斎が「なにが違うんじゃ、このスケベ。」と言っていたことを思い出しますが、まぁ今回はそれは置いておいて。
 慢性発情男の三千院帝が乱馬に514発突かれて気絶した後で、肩に大きく「スケベ」と書かれていましたね。私がこのコマで三千院が頭と手に包帯を巻き、松葉杖を持っているということに気づいたのは結構最近のことです。それにしても、ギプスをはめるまで重症の右手をもちながらも技の構えを崩さず、気絶した後も肩の高さに保っているのがすばらしい。怪我をした時点では意識があっただろうに、手をおろさなかった心の強さに感動です。これを見ると、いつもの私のバレーの試合への取り組み方が全然まじめではなかったような気がして心苦しくなります。そのときは真剣なつもりなのに、と、まぁこのことはらんまとは関係ないので深入りせず。
 三千院って、乱馬から「挑戦状」を受け取って闘うことになったとき、「勝負は一週間後」と言ってますよね。ということは、乱馬との最初の闘いからシャルロット杯までは一週間以内。こんなに重そうな手当てをされておいて、そんな短期間のうちにすっかり元に戻っている三千院が、また愛しいです。

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 何のイキがいいかときたら、もうシャンプーの持ってきた愛妻弁当のPちゃんしかない気がします。女傑族では生きたままの動物を食卓にあげることは普通なのでしょうか。私がもし生きたままの動物の料理を出されたら、出してくれた相手がたとえシャンプーであったとしても食べる気にはなれません。まわりの付け合わせだけありがたくいただきます。
 そういえば昔、ブタの肉には虫が住んでいて病気になるため、生で食べてはいけないと母が言っていました。私はそれを信じて焼肉をしたときなども決して生焼けでは食べないようにしてきたのですが、シャンプーたちは生焼けどころか生きたまま食べるんですね。ということは、母の話が正しければ、シャンプーたちのお腹は虫にも負けない立派なお腹。立派なお腹といえば、乱馬は証拠隠滅のため写真を大量に食べていたことがありました。そのあとしっかり腹痛がきてましたけど。天上天下唯我独尊麺の話では主に乱馬と良牙と九能が非常にまずい麺を競い合って大量に食べてましたね。結局乱馬の消化力が100人分の強さになったけれど、あれってあの一瞬だけで終わりだったんでしょうか。延長戦に至るまでそんな消化力が続いてたら大変ですよね。天道家のお米が危ない!
 なんだか話がどんどんそれてよくわからなくなってきたので、らんまの世界ではお腹の強さもすばらしい人が多いなあ!とでもして終わっておきます。

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 生物で、肝臓のはたらきについて授業がありました。脂肪をためこんだり、有害な物質を解毒したり、胆汁を作ったり。なかなかの働きものですね。その中で、私に1番重要そうに見えてしまうのが、「脂肪をためる」というところです。
 フォワグラ。強制的に飼料を与えて肥大させたガチョウやカモの肝臓で、キャビアやトリュフと並んで西洋料理の珍味とされているそうな。これは肝臓の「脂肪をためる」という働きからきているのかな、と思います。グルメ・デ・フォワグラの説明のところで高橋留美子先生の描いた、太った目つきの悪いガチョウがとても好きですけど、運動することもできず殺されて食べられてしまうなんてやっぱり気の毒ですね。運動したいのに家にいなきゃいけないところがテスト勉強期間の私のようです、なんちゃって。
 おフランス料理なだけあって高いんでしょうけど、いつかは食べてみたいです。なぜ食べてみたいかって、らんまに出たから、それだけです。(笑) あんまり高いものは食べたくないけど、こんなに話題になっているんだから、一度くらいは社会人になってから…

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 家庭科の授業で、栄養を考えて自分で献立を作ってみるとか、そういうことをやっています。その途中、先生がアメリカにホームステイに行ったという友人のことを話してくれました。先生の友人のホームステイ先では、朝食も昼のために作ってくれるお弁当も、毎日ずっと同じメニューだったそうです。少しも変えずに。日本人は季節の変化に敏感で「旬」をよく意識するから辛かっただろう、と締めくくられましたが…思い出しますよね、天道あかね。
 「中国寝崑崙大決戦!掟破りの激闘編!!」で、漬物とご飯だけの食事をひどく嫌がっていました。誘拐されているのにそんなことで怒れるなんて、最初の、強さや優しさが美しく、気高いとも思われたあかねはどこへいってしまったのだろう、と悲しんだものです。でも近頃は、よく考えれば怒っても不思議じゃないところか、と思うようになりました。誘拐なんかされれば、そりゃあ虫の居所が悪くもなりますよね。しかも完全な「誘拐」なら「ご飯と漬物」も似つかわしいけれど、「花嫁となる人」に「ご飯と漬物」では、私たちにとっては変に感じられます。言うことと態度が一致しているようにみえないことも、あかねを苛立たせたのでしょう。
 そういえば、漬物ばかりでは栄養が偏りそうなことも心配です。塩分もとりすぎそうだし。あかねが言ったのは「飽きる」ということだけだったけど、もしかしてこのことも考えてたのかな…なんて、そんなこと考えてたら、誘拐されているというのに、それこそ余裕ありすぎですね。(笑)

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 永井荷風といったら耽美派、耽美派といったら永井荷風。一年生の文学史で覚えさせられて以来、私の頭にはそれがしっかり定着しています。物覚えの悪い私がどうやって永井荷風のことを覚えたかといえば、やっぱりらんまででした。
 私の倫理の教科書にも載っていますが、永井荷風は、「官能や肉体性のなかに自我を追求した耽美派」の人です。官能や肉体性。…そういう言葉を聞くと、強く女体を求める八宝斎が思い浮かびます。そして、八宝斎の声優さんは、「永井」一郎さん。そこから永井荷風に辿り着きます。
 このように考えていくと、覚えるのが楽しくなってきます。友人と問題を出し合うときにも、永井荷風だけは答えられるように頑張りました。そうなると、関連する谷崎潤一郎のことも覚えようとしたり。永井荷風は、邪悪の鬼のときに八宝斎がアメリカまで流されたから「あめりか物語」を書いたんだ、と考えてみたり。一応勉強なのに、楽しいから嬉しいです。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 唇が痛いです。非常にどんくさいことに、部活でサーブレシーブをしているとき、アンダーでとれると思ったボールが思った以上に伸びて顔面に当たってしまいました。伸びても手くらい出るだろうに。バレー部ならそんな間抜けなことしないでいただきたい。…かなり腫れています。
 この腫れた唇を見ていると、ピンク・リンクの話で解毒剤を飲んだ乱馬を思い出します。ボールが当たってこういう唇になるよりは、辛いせいでああいう唇になる方がまだ格好つきますね。あのときの乱馬は、機転をきかして森から脱出したり、後がとても凛々しかったです。…顔以外は。
 解毒剤を飲んだあとの乱馬と似たような唇だと思ったら、少しだけ気が軽くなりました。明日学校に行くときにもこういう気持ちでいられればいいんですけど。 小鉄や小梅や小枝と似てるなんて気のせいだ!

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 逃げるではないけれど、これで思い出すのはシャンプーの「尻尾まいて中国に帰るよろし。」。「別了」と言っておきながらムースの願いさげ発言に素早く戻って蹴りを入れていくところに笑ってしまいますが、同時にムースの不憫さに切なくなります。押してダメなら引いてみろという言葉もあるのに、押してばかりいたから引いてみたら普通に喜ばれて、ちょっと冷たいと言ってみたら蹴られて。即座に前言撤回し、ひとり残されて泣いている。本っ当に情けないです。乱馬にはかなわないながらも一般人よりははるかに強く、顔もよくてまったく一途に一人の人を思い続けているというのに、どうしてこう報われないのでしょう。
 「シャンプー。」で始まり、「シャンプー。」で終わった男。シャンプーの瞳に乾杯するのもいいけれど、今回はムースの愛の深さに乾杯。

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 今朝、今シーズン初めて息が白くなることを経験しました。もう冬か…。夏には冬が待ち遠しいけど、冬が近づくと、つい夏もよかったなと思ってしまいます。
 白い息を見て思い浮かべるのは、八宝斎が怒った話で乱馬が天道家から追い出され、野宿しているところにあかねがお茶と肉マンを持っていくところ。かなりさりげなくですけど、息が白いです。細かいけれど、なんだかとても思い出されます。この話よりはかなり早い時期だけど、私はもう学校に温かいお茶を持っていくことにしました。部活から帰る頃には汗をかくこともあって寒いので、暖まれていい感じです。乱馬は、火をおこしているとはいえ今よりかなり寒いでしょうから、余計にありがたかったでしょうね。お茶や肉マンの温かさも、あかねの温かさも。申し訳なさそうにとはいえ家から追い出されて、悲しかったんじゃないかと思います。寒いときに温かさを出せる人…さういふ人に私もなりたい。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 やり直さねばならないもの、それは天道あかねが施したパンスト太郎の包帯。いくらあかねが不器用とはいえ、どうやったらあんな巻き方ができるのか不思議です。結び目は一つしか見えないけれど、このボリュームは一体何枚のパンストを使っているのでしょう。P63で、最初のコマではまだ首には巻かれていないのに、3コマ目になったらもう巻かれているところがまた、「どんな速さで巻いたんだあかねちゃん!」とつっこみたくなってしまいます。手早く格好よく行動しようとするから、失敗がうまれるのでしょうか。あかねの料理を見ているときも、いつもそう思います。落ち着いてやっていれば防げるミスもたくさんあるのに。
 なんて言いつつも、乱馬があかねのまずい料理から逃げ回っているさまが大好きな私。(笑)

このお題は左下のリンクにある、「1000のお題集」から頂きました。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。