我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は、部活の県大会出場を祝って、顧問先生の先生の家でバーベキューをしました。
 バーベキューといったら、「カミング・スーン」を思い出します。高原で天道家とその居候たちが一緒にバーベキューをしていて、その近くでは良牙とあかりがデートをしようと懸命になっている、という。あの話は36巻。最終回シリーズが始まる1つ手前の巻です。そんな重要そうなところにこの話を入れてあることに、少し悔しかった思い出があります。
 私はなんだかんだで、「好きなカップリングは?」と聞かれたら、「良牙と右京」と答えます。初対面では戦ったけれどすぐに互いの目的の達成のために協力しだし、絶叫温泉でも破恋洞でも、見事なコンビネーションだった二人。良牙が普通に話せる若い女性は数少なかったってこともあったし。長いこと「良牙と右京」だと思っていたのに、あかりが告白しただけでなく、デートまでしているとわかったときのショックといったら…。良牙はデートの様子をあかねに見られているのに、慌ててもいないようだし。
 なんて言いつつ、「良牙とあかり」という組み合わせも大好きです。ブタになるのが最大のコンプレックスである良牙にブタ好きのあかりちゃんなんて、うまくいかないわけがないように感じます。九能状態。どちらも好きだーっ。
 バーベキューに戻ってみると、電車の中に用意を忘れてくるって、かなり悲しいと思います…。問い合わせて返してもらえるのならまだましだけど、バーベキューなんてお金かかるだろうに。あ、私たちの部活は大丈夫でしたよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。