我愛らんま1/2!

忙しくたって、らんま好きな気持ちだけは忘れたくない!…らんまに関するちょっとした話を、ここで書いていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 とりあえず中間テストが終わったので、次の土曜にある記述模試への勉強はちょっと放っておいて傀儡芝の話を読んでみました。
乱馬が勘違いされるところ、「九能先輩の胸にとびこんでいった」とか「男なら誰でもいいのか」とか「どうにもならんほどになあ」とか、どうしても笑ってしまいます。くしゃみ・鼻みず・鼻づまりの症状に寒気までプラスされて、しかも蹴り飛ばされる九能ちゃんが不憫でたまりません。天道家に乗り込むとき乱馬が抱きついているのに気づかなかったのは、風邪がひどかったからなのかどうなのか。それほど体調が悪かったなら、もっと気の毒です。でもだから、あかねに熱烈に抱きしめられたときの、苦しそうでも、やっぱりとても嬉しそうな顔が嬉しいです。あかねから抱きしめられるなんてこと、普段には絶対なかったですよね。あれだけあかねを愛していながら、報われた感じがあるのはここでだけな気がします。おさげの女なら、何か目標を達成するためにとはいえ、デートしてくれたり応援してくれたりもしたけれど。
 そういう嬉しさって、同様に熱烈に抱きしめられた良牙と、どっちが勝ってたんでしょうね。二人とも嬉し涙流して。「べきばきぼき」と「みしみしっ」っていう抱きしめたときの音の違いは、体の鍛え方かな…。爆砕転結の特訓で打たれ強くなってたおかげで、苦しくもなさそうに、喜びだけが静かにじ~んときてます。鍛えたかいがあったね良牙。わが青春に悔いなし、たった1度の、これだけの出来事でここまで言える良牙の深い愛が素敵だ!
 良牙が蹴飛ばされてドラが割れたあと、自分でドラを持ってくる九能ちゃんってすごいです。あかねが抱きつかれたのはドラの音に反応してだということが、ちゃんとわかってるってことですよね。たとえドラの音への反応であったとしても、抱きつかれたいのだというその思い。…もしかしたら、いきなり抱きつかれていきなり飛ばされた、何も知らないであろう良牙のほうが幸せだったかもしれません。運動して何度も外に飛ばされて、風邪が悪化してなければいいんですけど。愚弄しきった乱馬のあの行為に対して、何もできてませんしね。でもあかねに抱きつかれた喜びで、明日になったらけろっとしてるかもしれません。
 それにしても謎なのは、あかねやシャンプーがどうして口に入った傀儡芝を普通に食べてしまうのか。うっかり丸呑みしてしまうならわかるけれど、ちゃんと噛んでから飲み込むなんて。出前レースの乱馬もうなぎをそうやって食べちゃいましたが、なんというか、一度口に入れたものは出さないっていうしつけが行き届いているんでしょうか。(笑) こういう思わずつっこみたくなるところとか、すごく好きです。ああ楽しい時間だった。
スポンサーサイト

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 クリスマスということで、歌暦に書いてある日付からは遅れてますけど、キャラクターズ・クリスマスについてです。
 最初から、どきどきしてきます。八宝斎たちから、九能たちから、こんなにたくさんの人たちの会話から始まって。なんというか、「皆がいる」という感じがして、ふっとらんまの世界に、いつもよりも入り込んだ気になります。子供の夢の中…つまり私たちの夢の中に来てくれる途中だから、そういう思いが強いのかな。煙突から抜けられない玄馬が笑いを誘っているところもいいです。(笑)
歌で一番心に残っているのは、「年に一度のにぎやかな夢 大人になるまで見れるよ」という、二番最初のフレーズです。「にぎやかな夢」って、らんまの夢ですよね。それを子供でいる間しか見られないのだったら、この上なく悲しいです。私の家には中二の弟と私の二人の子がいますが、今年で二人ともに、サンタさんは来てくれなくなりました。もうサンタさんの来てくれる「子供」は終わりだとしたら…。うーん、ピーターパンが羨ましいです。もうらんまへの愛で子供の壁を乗り越えるしかない!(笑)
 最初のほうはいいんだけど、実を言うと、最後のほうはちょっとしつこい気がしてしまいます。乱馬の「Merry Christmas for You...」で十分感動的な終わりなのに、皆が言い始めてしまって。「ですよー」とか「や」とかが語尾につくのも、変じゃないかな、なんて。
 …でも、最後乱馬が「またな。」と言うのがあまりにかっこよくて、そして再び「会える」ことを期待できてすばらしいので、結局ちょっとした不満も消え去ってしまい、いつもいい気分で聞き終えています。私ってもしかして、もしかしなくても単純…?まあいいか。
 皆さん、Merry Christmas!

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

 昨日、アニメの「完成!とんでもない必殺技」と「決戦!乱馬復活なるか?」をDVDで見ました。その中にも原作にもある乱馬の言葉。「おれから強さをとったら何が残る。」いきなり聞かれたあかねには他のとりえは言えなかったけど、考える時間はたっぷりあるし、こっちにはいくらか答えられます。
 まずは優しさ。優柔不断ともとられるけど、なんだかんだで乱馬の優しさは本物のような気がします。それに自分で言うとおり、スピードだって衰えずに残ってますよ、乱馬くん。それから私が一番のとりえじゃないかと思うのが、彼の意志の強さというか、何事も諦めず努力する姿勢というか。たとえ負けたとしても決してそのままでは済まさず、勝つ方法を編み出して、それを成すためしっかりと修行する、とか。そういう態度を見ていると、やっぱり原作後期のあれくらいの自信があってもいいほどの偉大さだなぁ、と思います。
 そりゃあ乱馬は強い方がいいけれど、こういうことを考えていると、弱くても十分いい奴かも、とも感じます。(笑) でも結局何があっても諦めようとしないから、たとえまた弱くなっても、どうなっても、いつかはそれを解決して…ずっと強くあるのかな。ぜひ見習いたい姿勢です。明日も部活がんばろう、って気になります。

テーマ:らんま1/2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。